マイナンバーはBPOサービスを利用して対処

subpage1

マイナンバーの収集作業を外部に委託することで、社員の業務量を半減させることができます。


こうしたスポット作業はBPOサービスを利用すべきです。

慣れない人事部担当者が四苦八苦して残業代をかけながら対処する必要はありません。


「うちは余っている人材がいるからそうした人にやらせる」というところもあるかもしれませんが、余っている人すなわち仕事ができない困った人です。
そんな人に任せたところでうまくいくわけがありません。

マイナンバーの保管情報は初心者にも分かりやすいです。

結局はトラブルが続出し、ちっとも進まないマイナンバー収集に気づいた上司が、仕事のできる周りの忙しい社員に途中でヘルプに入らせます。

いくら仕事ができる社員だからと言って、トラブルを起こした後の仕事の後始末は大変です。


そんなことになる前に外部のBPOサービスに任せるほうが得策です。


どこまでを任せるかは打合せ次第で決定していきます。マイナンバーの情報収集はキットを配布して回収するところから始めますが、これをBPOサービス会社に任せるかどうかは予算と相談のうえ決めることとなります。何をしたらいいかわからない状態から始めるので、もし自分たちでやるとしてもこうしたらいいというアドバイスがもらえるのは心強いです。
とにもかくにも打合せをすることです。

そして本人確認、マイナンバーの入力、データ作成と進んでいきます。


アフターサービスとして問い合わせ対応もしてくれると助かります。

YOMIURI ONLINEを理解するには正しい知識が必要です。

そこまで支援してくれる会社だと安心です。



対策方法

subpage2

マイナンバー制度が始まり、個人情報をナンバーで管理する時代がやってきました。将来的にはいろいろなものにこのナンバーが使われ、便利な世の中がやってくると言われている一方、ナンバーを管理する企業側にとっては大きな負担となっています。...

more

基本知識

subpage3

マイナンバー制度がスタートしたことに伴い、各法人は従業員のマイナンバーの情報を収集することが必要になりました。マイナンバー一つで個人の収入など、最重要情報が一気にわかってしまう、最も守らなければならない個人情報です。...

more

驚く情報

subpage4

マイナンバー制度の開始に伴い、企業は従業員のマイナンバーを管理する必要が出てきました。大事な個人情報なので、どこかから漏洩すれば大問題になりますので、セキュリティーを強固なものにし、しっかりと管理する必要があります。...

more

社会関係の情報

subpage5

2016年1月から新しい仕組みとしてスタートしたのがマイナンバー制度です。マイナンバー制度は各地自体に住む住民全員に、特定の数字を組み合わせた番号を割り振ることによって個人を手軽に把握できるようにした仕組みで、この仕組みが出来たことによって企業側からすれば給料や保険金などの未払いそして就業時間の過度をを未然に防ぐことができるので従業員と企業側にとっても恩恵が大きいと言えます。...

more