マイナンバーBPOサービスの内容

subpage1

2016年1月から新しい仕組みとしてスタートしたのがマイナンバー制度です。

マイナンバー制度は各地自体に住む住民全員に、特定の数字を組み合わせた番号を割り振ることによって個人を手軽に把握できるようにした仕組みで、この仕組みが出来たことによって企業側からすれば給料や保険金などの未払いそして就業時間の過度をを未然に防ぐことができるので従業員と企業側にとっても恩恵が大きいと言えます。

マイナンバーのアウトソーシング情報選びはインターネットで行う時代です。

ただ恩恵が大きい代わりに従業員一人一人の数字を把握するということは労力が必要であることに加えて、その管理に失敗すると外部に情報が漏れて従業員の私生活に支障をきたしかねないので企業にとってはデメリットも大きい制度でもあるのです。そこで企業側の恩恵をそのままにマイナンバーのデメリットの負担を軽減するために考案されたのがマイナンバーBPOサービスです。



マイナンバーBPOサービスは電子機器メーカーが自社のノウハウを元に構築した情報管理システムで、外部の企業にとって守りたい情報があったときに防衛してくれるというものです。

気軽に朝日新聞デジタルについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

BPOサービスを利用すると、情報の収集登録から廃棄までの関連書類の印刷処理やヘルプデスクまで代行するため現行業務やシステムを大きく変えることなく運用体制を整備できます。
さらに毎月どんなふうに情報管理をしているのかを透明化するために、委託会社から業務を委託する企業の監督義務に対応する特定個人情報の取り扱いに対するレポートを発行するので安全性も高いのです。