マイナンバー対応BPOサービスについて

subpage1

マイナンバー制度がスタートしたことに伴い、各法人は従業員のマイナンバーの情報を収集することが必要になりました。
マイナンバー一つで個人の収入など、最重要情報が一気にわかってしまう、最も守らなければならない個人情報です。


しかし、それを一法人が持つには責任が重すぎるというところもあるでしょう。そこで役に立つのが、BPOサービスです。



ここぞとばかりに、様々な企業がBPOサービスを始めていますので、BPOサービスの業者選定も重要になってきます。



このサービスの良いところは、法人でマイナンバー情報を持つ必要がないため、リスクが軽減されるということです。専門業者の高度なセキュリティで守られたデータセンターでの管理となりますので、安心です。
初期の収集パターンも複数ありますので、それぞれに合った方法で安全に収集ができます。



煩わしい事務作業からも解放されます。
特に従業員の出入りが激しいところでは、その情報の破棄も重要な問題となってきます。
専門業者に依頼すれば、それも安全かつ迅速にやってもらえるので安心です。


集めた情報を必要なときに出すためには、データセンターのサーバに接続する必要がありますが、それも安易なパスワード管理ではなく、専用のPCからでないと接続できないという徹底ぶりですので、外部からのアクセスで情報が漏れるという事もありません。

今後はいずれ、マイナンバーの漏えいが問題になることもあるでしょう。
そういったリスクを背負うことがないようにしたいものです。