マイナンバー管理にはBPOサービスを利用しよう

subpage1

マイナンバー制度の開始に伴い、企業は従業員のマイナンバーを管理する必要が出てきました。


大事な個人情報なので、どこかから漏洩すれば大問題になりますので、セキュリティーを強固なものにし、しっかりと管理する必要があります。



また、どういった書類に記載する必要があるのかの判断をいちいち行っていたのでは時間がかかりますし、今まで以上に書類作成に日にちを要します。


人数が少ない会社の場合はそこまで手間はかからないかもしれませんが、数千人規模の企業にとっては大変な手間になります。
総務が一生懸命管理をするのにも限界があります。



社内ですべてを行おうとすると人員を増やす必要がありますし、社内の業務を変更していく必要性も出てきます。新しいことを一から覚える社員にとっては負担も大きくなるでしょう。そういった問題は、マイナンバー対応BPOサービスを利用し、プロの手を借りることで解決します。

費用はかかりますが、社内の人員を増やすことを考えるとそこまで大きな費用差は出ません。



BPOサービスは社内のマイナンバーの収集、登録から廃棄、提出書類の作成や業務の相談など、幅広い作業を請け負ってくれます。
心配なのはナンバーが漏洩してしまうことですが、独自のシステムで高度な暗号化を行っているため、漏洩してしまうことはありません。

スタッフの動きもしっかりと管理されているため、人による漏洩も防いでいます。
何か質問があった時も、細かなサポートをしてもらえるのでBPOサービスはとても便利です。