BPOサービスの利用でマイナンバー管理が円滑に!

subpage1

マイナンバー制度が始まり、個人情報をナンバーで管理する時代がやってきました。
将来的にはいろいろなものにこのナンバーが使われ、便利な世の中がやってくると言われている一方、ナンバーを管理する企業側にとっては大きな負担となっています。

まずマイナンバーを収集する作業が大変です。
数人程度の会社の場合は問題になりませんが、大企業の場合は数千人規模になります。

それをすべて収集し、管理するのは大変な手間となります。



収集後も大事な個人情報なので、セキュリティーをしっかりして漏洩を防ぐ必要があります。漏洩したら大問題です。また、さまざまな書類にナンバーを記入する必要もあります。



源泉徴収票、支払調書、健康保険、厚生年金、雇用保険被保険者資格取得届など、大事な書類にマイナンバーを記載し、提出します。



どの書類に記載が必要で、どの書類には必要ないのかという選択をしているだけでも時間がかかりますし、何よりも1から新しいことに対応する従業員にとっては大きな負担になってしまいます。
通常業務にマイナンバー業務を追加すると就業時間内には業務が終わらず、人員を増やす必要が出てきます。そういったさまざまな問題を解決してくれるのがBPOサービスです。

社外にマイナンバーの収集から書類の作成までを依頼することで、社内の業務はそのまま行うことができ、人員を増やす必要もありません。


BPOサービスはセキュリティーもしっかりしていますので、個人情報の漏洩の心配もありません。


困っている場合は、一度BPOサービスの話を聞いてみると良いでしょう。